2014年年頭の挨拶

2014年年頭の挨拶(2014年1月1日)

ゼミ生ならびにゼミOBの皆さん
新年あけましておめでとうございます。今年も組織を率いる長の立場として、年頭の挨拶を述べたいと思います。
昨年は6期生2名を世に送り出したものの、期待されていた7期生がゼロとなり、本年3月は我がゼミ初の追いコン無しという事態を迎えます。4年生の不在のおかげて、ゼミ運営では随分苦労を強いられましたが、その分残った8期生の2名の成長につながりました。昨夏秋のインターンシップを潜り抜けた8期生は、今年いよいよ就活本番を迎えます。納得のゆく成果をあげてください。
9期生は当初から10名という少ないスタートでしたが、考える力のある学生が多く、時に反発や迷いを繰り返しながらも、プレゼンコンペで優秀賞、仮説フィルター全員通過と卓越した成果を上げて生き残ってきました。今年は他流試合が待っています。各人様々な経験を重ねながら、上級生の名に恥じぬようさらに精神的に成長を遂げることを期待しています。
入ゼミしたばかりの10期生はさらに少ない4名でのスタートとなります。カリキュラム変更でゼミ必修化となり、多くの学生が安全策に走る中、幸か不幸か「鬼畜」と言われるゼミに入隊してしまったわけですから、これを機にしっかり頑張ってください。
OBの皆さんは昨年結婚、昇格、転勤など動きが多かったという印象です。残念ながら今年はOBは増えませんが、毎日のルーチンワークに流されず、「No Change No End」を忘れず、各人の領域で日々成長を遂げて後輩の模範となるように頑張ってください。合宿やOB会で会えることを楽しみにしています。
最後に私ですが、昨年は成熟度を増してきた全カリ講座の講話を書籍化し、初の編著『自分の「軸」を作る セルフブランディング」を上梓しました。今年は久しぶりにマーケティングの単著を出版できるよう、現在筆を進めているところです。
互いに健康に留意しながら、前向きな一年となるよう精進致しましょう。今年もよろしくお願い申し上げます。
2014年 元旦

獨協大学経済学部准教授
学術博士
有吉 秀樹

PAGE TOP