2020年年頭の挨拶

ゼミ生の皆さん

あけましておめでとうございます。今年も組織を率いる長の立場として年頭の挨拶を述べたいと思います。昨年もゼミは大いに進化を遂げました。5回目を迎えたMBAプロジェクトでは日本たばこ産業を採り上げました。大胆なM&Aや多角化の意思決定の一方で、監督官庁による規制と保護の歴史を歩んできた特殊性があり、かなり勉強になる題材でした。会長の丹呉泰健様以下、様々な階層の方にインタビューできたことも大変良かったです。9月のプレゼンでは紅白両班ともが高いパフォーマンスを上げただけでなく、事前に基礎資料や分析概要をゲストに送り、読み込んでいただいたうえで戦略部分にフォーカスして発表するスタイルが成功しました。そのMBAプロジェクトの開始から終了まで、前ゼミ長の佐久間さんをはじめとした13期生には大変頑張ってもらいました。就職活動において皆が妥協することなく納得のゆくまで取り組んだことは称賛に値します。卒論でも久々にインタビューを実施し、その完成が楽しみです。ゼミ生活の最後を有終の美で飾り、社会人への弾みとしてください。13期生からバトンを受け継いだ14期生も岡﨑君を中心に頑張ってくれています。就職活動と並行しながらのゼミ運営はかなりの負担となりますが、社会人はマルチタスクの連続です。その準備と思って励んでください。15期生はMBAプロジェクトを通して大きく成長しました。個人課題で成果をあげ、後輩たちの良き模範となってください。入ゼミが決まったばかりの16期生にとって今年は一段と成長できる一年となることでしょう。マーケティングを、ゼミ生活を楽しみながらしっかりと力をつけてくれることを願っています。

それでは、皆さん本年も宜しくお願いします。

2020年 元旦

獨協大学経済学部経営学科教授 博士(学術) 有吉 秀樹

今年度のHistoryはFacebookで更新中
PAGE TOP