OB・OGからのコメント 12期生

石川 祐大 Ishikawa Yudai

ソフトバンク株式会社

2019年3月卒業
獨協大学経済学部卒
有吉ゼミナール(12期生)

社会に近い環境で過ごす大学生活

私は有吉ゼミでの学びが、社会人となり非常に価値が高かったと実感しています。
社会では「自分でゴールを設定し行動する」ということが求められますが、これは有吉ゼミでも求められていたスキルの一つです。
学生時代の多くは講義の出席回数やテスト、レポート提出などやるべきことが明確であり、先生や先輩に聞けば明確な答えが返ってきます。
しかし社会に出ると、答えのない課題に直面することや突発的なタスクが発生することは日常茶飯事です。また先輩社員からも、これまでの経験を生かしたアドバイスは頂けますが、その時々で答えが変わるため明確な答えは頂けません。
そのため、自分でゴールを設定し課題解決のために必要な情報を集め、考えて行動しなければなりません。
有吉ゼミでも答えがあるワークやタスクはほとんどなく、自らゴールを設定し行動しなければなりません。また、先輩や先生も答えを持っている人ではなく、サポートしてくれる人としてうまく利用しなければなりません。
このように、有吉ゼミは非常に社会に近い環境であり、社会で活躍するためのスキルを習得できる環境です。有吉ゼミの環境をうまく活用し、社会に出る準備期間としての大学生活を過ごしていただけたらと思います。


今年度のHistoryはFacebookで更新中
PAGE TOP