Graduation Thesis


修了生がこれまで取り組んだ卒論

1期生(2008年3月)

佐藤 祐一
「メンズフェイスケア市場の拡大戦略」

2期生(2009年3月)

佐藤 博紀・田畑 亮太(共著)
「三菱自動車の経営戦略」

3期生(2010年3月)

岩崎 祐也
「ドトール・日レスホールディングスの経営戦略」
中川 拓也
「Xbox360の方向性について」

4期生(2011年3月)

原島 佑果
「一般消費財向けメーカーのリサーチの費用対効果を最大化する組織について」

5期生(2012年3月)

今関 伸弥
「成長戦略におけるマーケティングとイノベーションの仕組み化」

10期生(2017年3月)

手呂内 翔太
「埼玉県草加市の地域マーケティング」

鷲見 千春
「三越伊勢丹HDマーケティング戦略」

11期生(2018年3月)

関根 優子
「成果主義導入の失敗要因および日本型成果主義普及に向けての施策」

池﨑 未来
「ペットと人が共生した社会の実現」

小川 俊也
「日本の e-Sports 市場に必要なこと」

樹神 佑香
「コミュニケーションギャップの解決に向けた玩具業界のマーケティング戦略」

齊藤 陽奈
「英語ができる人を増やすことを目的としたNOVAホールディングス株式会社に対する提案」

髙野 歩美
「CHANEL の香水マーケティング戦略」

山﨑 敏郎
「企業の優秀人材定着のマーケティング」

今年度のHistoryはFacebookで更新中
PAGE TOP