Student(各学年からのコメント)

西村 里奈 Nishimura Rina

12期生/ゼミ長 経営学科4年

あらゆる場面で考える

先輩からは「有吉ゼミは厳しいから、絶対に入らないほうがいい。」そう言われた。
―大変かもしれないが、有吉ゼミとともに迎える大学生活はいつか自分のためになるのではないか? そう思い、このゼミを選んだ。マーケティング戦略には決まった答えがなく、分析者によって異なる解決策が提案される。消費者の行動や性別、年代からその人の価値観や思考を探る、その過程で、考える癖がついた。
この癖は、日常生活でも現れたように思う。大学の講義を通して、先生は何を伝えようとしているのか? 90分の講義の使い方、雑談、質問形式などの授業形式、それぞれに先生の価値観が反映されているはずだ。その意識をもって講義を受けることで、その先生の隠れた意図に気づくことができた。つまり、このゼミで培った癖は、私の生活を一変させ、より豊かなものにした。今では、このゼミに入ろうと決めた自分を誇りに思う。
私は最終学年であり、もうすぐ社会人となる。社会には様々な問題が存在し、その解決に決まった答えなどない。ゼミで培った癖をもとに今後は社会で活躍できるような人間になりたい。

——————————————————————————–

佐久間 美希 Sakuma Miki

13期生 経営学科3年

学びによる気づき

有吉ゼミに入り、目まぐるしかった1年を振り返ってみる。時折考えるのは、なぜ有吉ゼミの門を叩いたのかという原点だ。大学に入った当初はただ受動的な毎日を過ごしていた。もちろんマーケティングには興味があった。しかし、私が有吉ゼミの門を叩いた最大の理由は「今のままではいけない」「変わりたい」という一心だった。
この1年間、ケーススタディを用いたグループワークによって培われたのはマーケティングの知識だけではない。社会人になったとき、求められる能力は多種多様。多種多様な能力を手に入れるために共通して必要な力は多角的に慮る力であると考える。そして多角的に慮るためには自分一人の価値観では限界があることを知った。様々な視点や価値観があって初めて考え抜くことができる。他者の意見は自分の考えをより鋭利にするために必要不可欠なものであると私は考える。
14期生の選考を終え、ゼミ運営に関わるようになってから強く実感したことがある。歴代ゼミ生の多角的な視点と思慮深さ。そしてどの先輩も自分の行動軸が確立されていることだ。様々な考え方がある中で共通することは、成長したいという貪欲な気持ちではないだろうか。全学年合同で行うゼミ活動は縦の繋がりが強く、卒業された先輩方からも新しい視点を頂くことが多々ある。ゼミ運営に関わり、常にゼミ全体の成長を考えた運営が行われていることを改めて実感した。有吉ゼミは今だけではなく常に先を見据え、常に成長を求めている。
様々なことを気づかせ、環境を整えてくださった有吉先生をはじめ先輩方、そして共に学ぶ同期に感謝を。そして自身とゼミ全体の更なる成長を求め、日々邁進したい。

 

今年度のHistoryはFacebookで更新中
PAGE TOP